別れとお金

人と人との別れ。そして、そのときに発生するお金。
この二つの事柄についての悩み事とか疑問が、弁護士事務所には多く寄せられているようです。特に、最近はそういったことが多いんだとか。
まずはじめにハッキリさせておくなら、ここでいう「人と人との別れ」というのは、離婚のことです。結婚の反対、婚姻関係の解消。
そして、「そのときに発生するお金」というのは、離婚に当たって一方がもう一方に支払う慰謝料というものです。

慰謝料は、離婚の件で発生する場合には、離婚の原因を作った人から、もう一人へ渡されるものです。この前提が、ここで述べるようなさまざまな問題や弁護士に寄せられる疑問などの根っこにあるものです。
つまり、弁護士に寄せられるのは離婚の責任の所在について、何とか出来ないかということ。何とかしたいということ。自分に有利に別れたいということ。
そういった種類の事柄が、「慰謝料」という言葉が挟まれるときには相談されるのだそうです。

ここでは、弁護士の仕事のひとつである、離婚という人と人との別れの場面について追っていくことになります。
そして、その悲しい別れのシーンに登場するひと塊のお金について――そこで発生する慰謝料というものについて、考えていくことになります。

OUT LINK